ジェンダー・マリアージュを見て来ました〜精子提供者の映画鑑賞〜

良い映画でした。

映画の後の、松中権さんのトークセッションも、真摯な感じがして良かった。彼は大人だな…。

映画の内容は、ネタばれになるので書きませんが…同性婚を認めるか・認めないか、最高裁の判決を、雪の中テントを張って、何日も泊まり込む当事者たちの気持ちは、見ているだけで切なくなる程
自宅の番号が晒されて…反対派から、嫌がらせの電話が来るシーンを見て、反射的に東小雪さんと増原裕子さんを心配してしまう僕は、やっぱり信奉者だなと思う次第なのでした。

  
〜精子提供者が苦闘するブログ〜