「男らしくあれ 」

両親の希望から男子校に入学した著者は、私は女性であると言う違和感が捨てられず、彼方此方でぶつかり合う

悩みは、家族からの男性化の圧力によって、帰宅途中に自宅が恐ろしくなり、嘔吐する所でピークに達する

手術後、現状を受け入れた父親から、出産前に女の子だったらと用意していた名前、「百合」の花束を手渡され、感涙する著者に、幸あれ
椿姫彩菜

たし、男子校出身です。