遅咲きゲイの苦悩ブログ

Month: 11月 2016

【イベント参加レポート】日仏討論会「Lgbtの企業における受入れ、日仏の視点から」


月日:2016年11月14日 18:00-21:00
場所:アンスティチュ・フランセ東京

[パネリスト]
阿佐見綾香 株式会社電通
マルリー・ドムランドル 映画監督
森永貴彦 株式会社LGBT総合研究所代表取締役社長
マンソール・ゾベリ フランス多様性マネジメント協会会長

主催:在日フランス大使館 / アンステイチュ・フランセ日本
言語:日本語、フランス語(同時通訳付き)

東京は飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で開催されたこのイベント
日本とフランスの企業におけるLGBTの受け入れについての紹介を聞ける場となりました

意外な事に、フランスでもLGBTな人は、悩むことが多く、職場でLGBTな事を誰にもカミングアウトしていない人の割合は、65%に上るとの事でした。

また、フランスには、”コーヒーマシンシンドローム”と言う現象があるそうです。
LGBTな人が月曜日の朝、会社に出社するのが、悩みの種…週末に何をして過ごしてきたか、嘘を付かなくてはいけないから。
この辺りの事情は日本とあまり変わらないですね!

質問タイムになりまして…僕は次の様な質問をさせて頂きました。

「LGBT当事者の者です。日本・フランス・そして米国と比較した場合、企業のLGBTの受容度で比較すると、米国‐フランス‐日本と言う順番になるかと思います。

3か国とも資本主義を取っておりますし、LGBTな人の割合もさほど変わらない筈なのに、この様な差異が生まれるのは何故でしょう」

すると、マンソール・ゾベリさんが立ち上がり、次の様に発言してくれました。

マンソール・ゾベリ氏:
「フランスも、日本も、LGBTへの受容は進んでいます。どちらが早いと言う事はありません。しかし大変興味深い質問です…。違いがある様に見えるのは、三か国の社会の在り方や歴史的経緯の違いに過ぎないのです。

 そして今日、この場にこんなに大勢の人が集まって頂いて…これはフランスよりも大勢の方が参加してくれています…。この様な機会を日本で持てた事を、嬉しく思います。」

なんて素敵な言い回しで纏めてくれるんだ
僕はフランス語のお洒落なセンテンスに感心していました。
沢山ご回答頂いたし、この辺で次の方に…と思っていたところ、マルリー・ドムランドルさんも立ち上がって、こんな発言をしてくれたのです。

マルリー・ドムランドルさん:
「フランスでももっとLGBTへの理解度を広げる必要はあります…そういう意味では、まだまだ課題はあります…。」

僕:(確かにそうだよね)

マルリー・ドムランドルさん:
「しかし、フランスは自由・平等・博愛の国です。そして人権を発明した国です。だから決して米国に遅れているなんてことはありません。」

僕:(むむ??)

マルリー・ドムランドルさん:
「LGBTの理解でもフランスが先を行く事でしょう!」

もしかして…話が何だか違う方向に…。
さっき米国の方がフランスより十数年進んでるって、自分で言ってたじゃない…。
やっぱりフランス人ってプライド高いのね。

それにしてもマルリーさんは美人だな。
トークも立て板に水だし、監督しての作品も素晴らしいし、人間的魅力に溢れる人です。
彼女がもしレズビアンなら、さぞかし日本女性からモテまくる事でしょう…。

~ゲイ男性が、うっかりフランス娘の心のツボを押してしまったブログ~


【イベント参加レポート】シアトル発 新しい里親家族支援の仕組みを考える


月日:2016年11月11日金曜日
時間:13時30分~17時15分
共催:
IFCA
NPO里親子支援のアン基金プロジェクト

此方のイベントに参加して来ました。

参加者は何方かと言うと、当事者の方より、各施設で働いている方が多くいらっしゃいました

シアトルにて里親子支援NPOにて支援活動を行っている方から直接話を聞けると言う、非常に貴重な機会を得る事が出来ました!イベント運営・渡来の支援・会場にて同時通訳までされていた、イベントスタッフの方には本当に頭が下がります

僕が強く印象に残ったのは、24歳・男性のディヨンテさんのお話

母親が薬物依存症で、生まれた時から薬物が体に入ってしまっていた彼
母は育児が出来ない為、直ぐに施設に入れられて…そして里子として養育された彼のお話を、聞くことが出来たのです

詳細はここには書けませんが…とても勉強になるポイントが沢山

そして…僕自身にも、覚えのあるポイントもやはりあって…

僕も強く生きようと思いました

心が壊されて
もう立ち直れないような気がしても人は、

希望を信じている限り、再び立ち上がる事が出来る

残された時の中で、やり直す事が出来る

今日も沢山勉強させていただきました
有難うございました

~遅咲きゲイが、自分を取り戻すために闘うブログ~


【イベント参加レポート】LGBTをとりまく法制度の今


【イベント参加レポート】LGBTをとりまく法制度の今

 

毎日新聞東京本社の毎日メディアカフェにて開催されました、「LGBTをとりまく法制度の今」に参加して来ました。
今回のパネリストは、以下のお三方

  • 1988年弁護士登録の中川重徳(なかがわ・しげのり)さん
  • 認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表 松中権(まつなか・ごん)さん
  • 毎日新聞にて2014年からセクシャルマイノリティーの取材を続けている 藤沢美由紀(ふじさわ・みゆき)さん

 

イベントで、LGBT差別禁止法を中心に、専門的な説明を中川さんがしてくれました。
専門家から見ると、与党と野党の法案の違いや、禁止法と理解促進法の違いなど、色々留意すべき点があるようです。
その様な懇切丁寧な説明が1時間程続いたのですが、僕は…正直言って、少々退屈でした。
何だか自分にあまり関係のない話を聞かされたような気が、どうしてもしてしまうのです…別に法案無くても普通にゲイとして生きていけるし。

 

そこで、質問タイムで、(無謀にも)次の様に質問をしてしまったのです。

 

私:「今日は貴重なお話を有難うございました。私はLGBT当事者です。非常に有難い法案かと思いますが、僕の身の回りのLGBTな人たちを見ていると、どうも関心が薄い様な気がしています。

本来興味を持つべきなのに、参加意識が持てない。その点について、法案を推進しているお立場から、コメントを頂ければ幸いです」
中川さんは、現実の生活と法制度を結び付けて考えなくてはいけないと、笑顔交じりに諭してくれました。
そうだよな、僕もそう言う事を考えなくちゃ…と思っていたところ、権さんが、次のように発言したのです。
松中さん:「2015年に、一橋大学の学生が、信頼する友達にゲイである事をカミングアウトした所、その事実を受け止めきれず、LINEを通じて同級生にアウティングしてしまいました。当事者の学生は、その事をプレッシャーに思い自死しました…。

カミングアウトを受けた友達も、決して悪気はなかったと思います。ただLGBTな人たちに慣れていないだけなのです。

法律は、普段は目に見えないし、生活に関係する事はあまりありません。けれど、関係して来た時には遅くて…その前に、法律を通して、社会を啓蒙していく事が、今回の様な事件の抑止に繋がるのです。

 

今回の件は、他人事では有りません。

 

もし幾つかの不幸が重なれば、僕がそうなっていたかも…。

 

その想いを持って僕は、NPOをさせて頂いております。」

 

そうか!
そうだったのか!

 

それで僕は、自分なんかあまり関係ないやと、どちらかと言うと疎外感を持っていたLGBT差別禁止法案が、急に身近な事に思えてきて…。

 

来て良かった。
今日も沢山勉強したよ。
有難う。

 


 

 

2016年11月16日12時から13時に、「お昼休みに国会に行こう!」と言うイベントが開催されます。
ご興味のある方は是非。

 

お昼休みに国会に行こう!

お昼休みに国会に行こう!


【イベント参加レポート】インクルーシブなまちづくりを考える


【イベント参加レポート】インクルーシブなまちづくりを考える

 

「マチノコト」主催の市民が地域に対してできるアクションを、共に考えるイベントに参加して来ました

 

第10回目になる今回のスピーカーは此方の2名

 

  • 脳性麻痺による障害で電動車椅子に乗りながら、カメラマンとして活躍されている近藤浩紀君
  • 障害や病気を抱える人、LGBT、ホームレス、高齢者、子供などの「社会的マイノリティ」と呼ばれる人々が持つ可能性が広がる瞬間を捉えるメディア『soar』編集長の工藤瑞穂さん

 

参加者は、親子代々虎ノ門に住んでいて、人が減っていく中で地域活性化を模索している初老の方・北関東での町おこしに取り組んでいて、都心との連携を考えている方など様々。
近藤君はそんな参加者を前にして…

車椅子に乗っての日常を、語ってくれました

車椅子でも入れるトイレがとても少なくて、外に出るのが大変な事
それでも世間は思ったより暖かで、此方から声を上げれば、手伝ってくれる人は多い事
だから近藤君は、出来るだけ遠くに出かけて、記憶に残る景色を写真として収める事を業にしている事

 

そんな想いを、語ってくれたのです

 

僕は彼に、質問をしました

僕:「想いは良く分かりました…ですが、近藤君の様に、全面に立って活動される方はあまり拝見した事が有りません。例えば、身近な例ですが…地下鉄で車椅子に乗る人を見る事もあまりありません。これは何故でしょう」

すると、彼はこう応えたのです

近藤君:「それは…きっともっと沢山の当事者がいます。そして外に出たいと思っている人も大ぜい居ると思います。ですが恐らく、周りに遠慮して…『外に出るだけで人に手間を掛ける、僕は迷惑な存在なんだ』と考えて、引きこもってしまう人が多いのではないでしょうか。」

ああ、そうだったのか…。
そうだね、君の言う通りだよ
だって僕も毎日が辛くて…ゲイで、男性が好きな自分をサイテーだと思っていたから。
だから君の言う事は凄く良く分かる

 

そんな中、君は偉いね

 

勇気のある行動をしているね…

足に障害がある人が、好きなだけ外に出られるようになる
LGBTなみんなが、同性が好きな自分を、誇れるようになる
そんな社会が一日も早く来ることを…心から祈る

 

イベント会場は虎ノ門の素敵なカフェで行われました。
こういう使い方も出来るとは知らなかった…これも心のメモに記載^^
~遅咲きゲイ男性が、社会貢献を考えるブログ~

 


新宿区の養育家庭(里親)体験発表会に参加していました


新宿区の養育家庭(里親)体験発表会に参加していました

里親体験発表会

11月4日、東京都新宿区の、新宿区立子ども総合センターで開催されました、養育家庭(里親)体験発表会に参加していました。
今回のメインスピーチは、

 

  • 明星大学 教育学部教育学科 特別准教授の奥田晃一さん
  • 里親体験のあるお父さんであるSさん
  • 里子として育ったNちゃん

 

このお三方になります
僕は今年は色々な会場で体験発表会に参加しておりまして…東京都での参加は、今年では3回目になりました

 

会場は相変わらず大人数で、凄い熱気
色々な思いを持った方たちが参加されて
講師としてお話し頂いたお三方から、それはそれは、感動的なお話をして下さったのです。
特に印象に残ったのは、里子として育ち、そして今は講師をして下さったNちゃん
こんなに大勢の前で、ご自身の体験を、お話して下さった事
実両親への複雑な気持ちまできちんとお話しして下さって
そして、その気持ちは、親から十分に愛されなかった、僕自身の記憶ともオーバーラップして
その辛い気持ちをみんなの前で話せる事
それが凄い勇気だと思いました
その勇気を受け取って…そして僕も強く生きなくちゃと、思いました

 

どうも有難う
今日も沢山教わったよ
両親から十分に愛されなかった子供たちみんなが
幸せに生きられる社会が来る日を…
心から祈る
会場で教えて頂きましたアメリカの里子に関するイベント情報を、参考として下記に記載

2016年11月11日・12日に、
米国NPO法人モッキンバード・ソサエティの講師3名が来日し、アメリカの里親支援について講演をして頂くイベントがあります

 


申し込みは此方
http://www.ifcaseattle.org/jp/news/all/462/


Copyright © 2017 遅咲きゲイの苦悩ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑