遅咲きゲイの苦悩ブログ

Month: 10月 2016

【イベント参加レポート】Work With Pride 2016に参加して来ました


【イベント参加レポート】Work With Pride 2016に参加して来ました

 

2016年10月26日、晴海トリトンスクエア・第一生命ホールにて開催されました、Work With Pride 2016に参加して来ました。
そのイベント参加レポートになります。

■基調講演

基調講演は、国立社会保障・人口問題研究所 人口動向研究部 第2室長の釜野さおりさんからLGBTの現状に関する、基調講演をいただきました。

目新しい内容として、

1.LGBTな人の割合は、2-6%との推計される

との研究発表がなされました。
根拠としては、電通・博報堂・その他海外の調査機関からの調査結果からの引用がされておりました。
これまでは、電通のダイバーシティ・ラボより、7.6%と言う数字が良く採用されておりましたが、実際にはもっと少ないかも知れないと言う事なのですね。

もし本当にそうだとしたら、LGBTの説明で聞かれる、下記のような資料は全て内容を書き換えないと行けないかもしれないです。

 

  • LGBTな人の割合は左利きの割合と同じ
  • LGBTな人の割合は、鈴木・佐藤・高橋・田中と言う名字の人と同じ割合
  • LGBTな市場規模は5.9兆円

 

釜野さんの調査結果によると、LGBTな人の割合はミニアムでは2%。
これまで言われていた7.6%の1/4程度になってしまう事になります。
この辺りは非常に重要な数値なので、もっと調査を重ねて、データの精度を上げてほしいと思います!

 

…個人的には、7.6%と言う割合は、実感値としては多過ぎるような気がしなくもなくて、そんなに沢山身の回りに居るのかな、と言う気はしております。

また、釜野さんから、2000年代は助成金などのお金が付かなくて、仕事としては研究できなかったと言う当時の状況のご披露もありました。

 

■当事者の座談会
LGBTである事をカミングアウトして働く、4名の座談会がありました。
「ダイバーシティこそ競争力の源泉」と言う発言が光りました

 

■経営者のパネルディスカッション
下記の会社の役員クラスの人たちのパネルディスカッションがありました

ey Japan
日本航空株式会社
日本電信電話株式会社
日本IBM

2002年に企業内活動を開始した当初は、カミングアウトしている当事者は一桁しかいなくて、(社員は数万人)、当事者が誰だか分からない中で行われる唯一の活動で苦労したとのご発言が印象的でした

■PRIDE指標と企業の表彰など

此方に表彰内容など全てのデータが公開されております。
日本企業のランクインが多かったのが、嬉しい事でありました。
また、今回の参加者は600名と過去最多なのも嬉しい事でした。

 

各データは此方
http://www.workwithpride.jp/pride/report2016.pdf

■馳 浩 衆院議員の講話

LGBT議員連盟会長であり、LGTB差別禁止法を推進している、馳浩 文部科学大臣・教育再生担当大臣から、同法推進への強い意気込みを伺う事が出来ました。

「lgbtに対する差別禁止整備を進めない企業に対しては、声を大にして、

『御社はこの21世紀にもなって、何を考えて居るか!』

と追求したい」

とのご発言があり、感動して思わず涙が出ました…。

来て良かった。

 

松中権さん有難う!
グッド・エイジング・エールズ有難う!!


中央アジアのLGBT事情を覗いてきました


中央アジアのLGBT事情を覗いてきました

中央アジアに行く機会が有りましたので、かの地でのLGBT事情をレポートいたします。
■そもそも中央アジアとは
中央アジア(ちゅうおうアジア)は、ユーラシア大陸またアジア中央部の内陸地域を指します。シルクロードもこの辺りを通っています。

[参考図]中央アジア概略図

中央アジア
■中央アジアでのLGBTに関する法整備について
図の通りになっておりまして…キルギス・ウズベクスタン・トルメクスタン・アフガニスタンは最高で14年の禁固刑、カザフスタン・タジキスタンは法整備なしとなっております。

[参考図]世界における同性愛者の権利

lgbtmap

 

■現地の人の声
LGBTである事をカミング・アウトする人はいないそうです。
と言うのは、LGBTで有る事が何かの拍子で発覚した場合、どんなに高い地位についていたとしても、仕事ははく奪され、法的に罰せられるそうです。また、他の犯罪と異なり、LGBTである事は非常に不名誉であり…近所の子供からも石を投げられるような、人として最低の扱いを受けるそうです。。

 

中央アジア各国には徴兵制がありますが、ゲイで有る事を告白した人は軍隊に入れられることは有りません。しかし、徴兵されるのが嫌でゲイをカミングアウトする人も居ないそうです。不名誉な事態に繋がるから
■現地の女性の権利

LGBTの権利と女性の権利はある程度相関関係があると思っておりまして…その観点からの考察を致します。

 

中央アジア各国は基本的に男性優位の社会であり…女性に認められている権利は、日本と比較しても相当少ないように思えます。

 

例えば、街で女性が歩いている姿をあまり見る事は出来ません。と言いますのは、結婚した奥さんは、家事全般にのみならず、義理の祖父・祖母・子供の面倒を全て見る事が義務付けられているからです。また、新婦さんが処女でない事が発覚した場合、結婚が取り消しになるそうです…。
■参考文献
中東エリアの女性の暮らしを視覚的に学びたい方は、此方の映画がお勧めとなります。

少女は自転車に乗って

 

・タイトル:少女は自転車に乗って(2012年)
・時間:97分
・ヤフー映画評価:3.99点

・映画概要
宗教による女性の規制が厳しいサウジアラビアで、自転車に乗る夢を叶えるために少女が奮闘する姿を書いた感動作。因習を重んじるイスラム社会で女性が置かれた不条理な現実を浮き彫りにしています。

 

アマゾンからの購入はこちら
TSUTAYAからのレンタルはこちら
■まとめに
まだまだ世界には想像を絶するような非LGBTライクな国がある事を実感しました。
こういう国に生まれたLGBTな子たちはどういう人生を送るのかな…。

そして、その様な子供たち、更には女性の権利向上の為にも、何かできる事をしなくてはと思う次第でした。
出来る事から、すこしずつ
~ゲイ男性が、LGBTと女性の権利向上を考えるブログ~


ブロードウェイ・ミュージカル キンキーブーツ <来日版>のこけら落とし講演を観てきました~ゲイ男性のミュージカル鑑賞~


ブロードウェイ・ミュージカル キンキーブーツ <来日版>のこけら落とし講演を観てきました~ゲイ男性のミュージカル鑑賞~

 

■開催概要
場所:東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
[主催]:Bunkamura/アミューズ/フジテレビジョン/サンライズプロモーション東京

■参考URL

公式サイト
http://theatre-orb.com/lineup/16_kinkyboots/
YouTubeのPV
https://www.youtube.com/watch?v=U7dxQj8bet8

 

■感想
観た感想は…映画版とは別物になっていました!
そして、全編に流れる、LGBTを称える気持ちが半端なかったです。
ローラの強さ、美しさ、そしてありのままに生きようとする気持ちがミュージカルに重なって。

 

来日版と言う事もあり、歌もダンスも流石本場、と言う凄みに溢れていました。
幕の後もスタンディングオベーションが止まりませんでした。

 

客席も有名人で溢れていて…中でも、はるな愛の美しさは突出していましたよ!
あああ、出来たらもう一度見たいほどです。
まだ空きは有る様なので、ご興味がある方は、下記より、是非

 

http://my.bunkamura.co.jp/ticket/ProgramDetail/index/1984

 

キンキーブーツ2

 


ゲイ男性が断酒するブログ~Day1~


ゲイ男性が断酒するブログ~Day1~

色々思う事ありまして…断酒をする事にしました

今の所は、そこまで沢山飲んでいる訳ではないので、今すぐ断酒しなくても、別に問題では有りません。

けれど、このまま飲み続けたら、恐らくだけど、もったえない時間の過ごし方をしてしまいそうな気がしています。

 

アルコールの専門家に聞いた所、断酒の一番の方法、それは、AA(アルコホーリクス・アノニマス)に行く事だそうです

 
■AA(アルコホーリクス・アノニマス)の会の特徴

  • アルコールを辞めたい人なら誰でも入れます
  • 運営資金は献金で成り立っており、献金するorしない、は、参加者は自由意思です

 

何でも、アルコールを飲んで辛かった話をお互いにする事で、不思議な事にお酒を止められるようになるそうです。

 

本当にそれだけで…?
そんな簡単にお酒が辞められたら、ゲイバーは商売上がったりだぞ…?

 

と、半信半疑な面もありましたが、考える前に行動してみよう!
と言う事で断酒を始めました

 

僕と同じように、

 

  • 最近飲み過ぎで健康面が心配だし、お金も掛かるから、お酒止めちゃおうかな~
  • LGBTイベントに行ってつい飲んじゃうけれど、控えた方が良いよな~

 

と言う人がおりましたら、参考にして頂けると嬉しいです。

今後は断酒をテーマにしたブログを書いていく予定です

 

■断酒に関連するリンクは此方をご参照ください
・Alcoholics Anonymous(アルコホーリクス・アノニマス)
http://aajapan.org/

・AA関東甲信越セントラルオフィス
http://www.h2.dion.ne.jp/~aa-kkse/

 

~ゲイ男性がお酒を止めようとして苦闘するブログ~


ゲイ20人で話し合い~LGBTなお友達の作り方~


ゲイ20人で話し合い~LGBTなお友達の作り方~

 

関東のとある場所で開催された、オフ会に参加して来ました。
一つのテーマで話し合うオフ会になります。

今回のお題は…「お友達の作り方」

 

何だかほのぼのするテーマだな!
お陰様で僕は、友達には恵まれている方だと思うけれど、そう言えばみんなどうしているんだろう?

 

 

会場は、20代の若い子から、50代の人まで様々。
ゲイバーでのバカ話も楽しいけれど、こう言う真面目なお話も楽しいものです^^

 

 

50代男性:「僕は…LGBTな友達が殆ど居ません。と言いますか、ストレートな人含めて、普段から連絡が取れる友達が殆ど居ません。。この年になると、みんな会社や家庭で責任のある立場になっている人が多いし、社会人になってから新しい友達を作る事は難しいから…」

 

 

おお、何だかいきなり重いな…。
けれど友達が出来るかどうかは気持ち次第、幾つになっても新しい友達は見つかるものですよ!色々な場所に行けば、気が合うLGBTな人は沢山見つかりますよ!

 

と、心の中でエールを送りつつ次の人へ

 

 

35歳男性:「僕は、LGBTな友達は、すごく作りにくいと思っています。ネットを使って出会っても結局ヤリ目的になってしまうし、飽きたら別れちゃうし…。」

 

 

まあ確かに会ってすぐそういう関係になると、続きにくいかも知れない。お互いの事を良く知り合って、好きになってから性交渉をした方が却って長続きするものですよ!顔だけで判断しちゃダメ^^

 

と、心の中で軽く戒めつつ次の人へ

 

 

25歳男子:「僕は…、恐ろしくてゲイバーにも出会いアプリも使う事が出来ません…。急に裸の写真を送ってくる人とか居て本当に怖いし、襲われたら嫌だし…。」

 

 

(これはアドバイスしてあげても大丈夫な相談だな)

 

僕:「それは…辛かったね、大変だったね…。裸の写真を送って来る人は失礼だよね、君の気持ちも考えずに。でも、そういう人は迷惑メールに入れちゃって返事しなくて良いと思うよ。あと、襲われる話だけど…仮に襲われそうになったとしても、男性同士なら力は互角だから、毅然と断れば大丈夫だよ。」

 

25歳男の子:「でも…迷惑メールに入れたら相手の人が傷つきませんか?それに、襲われた時の事を考えると怖くて怖くて…」

 

僕:「裸の写真を送って来るような人はほかでも彼方こちらでやっているから、気にしなくて良いよ。それに、襲われることなんて滅多にないよ。可能性で言ったら、日本で道端でいきなり襲われる可能性と同程度だよ。勿論0とは言わないけれど、日本は真夜中でも子供が歩いている国だし、いざとなったら逃げれば良いよ」

 

 

こう言ってあげたら、25歳の男の子は少し安心した様でした。
必要以上に怖がっているのは…多分だけれど、ゲイである事に自信が持てないから。
若い子はLGBTフレンドリーな環境に育っていると思っていたけれど、そうでもないのかも知れない…。

 

そう思ってふと会場をみると、今回は大半が20代の男の子たち
けれどこの場に来るだけで、緊張しているように見える子が多くて

 

表情が全然なかったり、目を見て話せなかったり、神経質そうに両膝を抱えていたり…。
沢山悩みがあったんだね。

今日この場に来たのも、勇気を振り絞って来ていたんだね。
みんな頑張ったね。

 

若いLGBTな人たちが、自信をもって生きられる様な
そんな日が早く来ることを、心から願う

 

オフ会が終わった後、幹事の人から、サポート有難うと感謝されちゃいました^^
若い人たちの役に立てて嬉しい♪

 

~LGBTな若者たちの、自己肯定感の低さを考えるブログ~


Copyright © 2017 遅咲きゲイの苦悩ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑