遅咲きゲイの苦悩ブログ

Month: 7月 2016

LGBTな女子学生の就職活動の楽しみとは


LGBTな女子学生の就職活動の楽しみとは

たまたまのきっかけからお友達になって、遊びに行く機会がある、女子学生のRちゃんとお食事しました
お互いに近況交換をしたのですが…その中から差し支えない範囲をブログにします
#本人の許可は貰っていますよ!

Rちゃんは今就職活動中なのですが、行く企業先々で目移りがして困るそうです。

具体的には…

Rちゃん:「どこの会社に行っても、学生を取りたいから、丁寧に対応してくれるじゃないですか」
僕:「うんうん」
Rちゃん:「だから皆優しくて…学生担当の女の人がタイプで困っちゃうんです~」
僕:「ほほう」
Rちゃん:「この前は、会社は今ひとつだったのですが、担当がタイプだったのでエントリーしちゃったんです!」

確かに学生向けの企業担当者は美男美女で感じがいい人が多いな。
と言うか当社もきれい系な女性を担当に充てているしね。
LGBTな人にも、その効果が波及しているのだから、寧ろ正解とも言える

それにしても相変わらずRちゃんは可愛らしいな
この黒髪・整った顔立ちに・向日葵のような笑顔があれば、さぞかしレズビアンな人からはモテる事でしょう

Rちゃん:「あと最近…私のカミングアウトがきっかけに、同じ研究室の男の子が『実は僕はゲイかもしれない』てカミングアウトしてくれて」
僕:「ほほう」
Rちゃん:「だから急に仲良くなって…よく一緒に遊んでいるんです~。この前は出会いアプリ用に、彼の写真撮影をしてあげたんです~」
僕:「なるほど」
Rちゃん:「横から見れば、ラブラブで…彼氏大好きに見えたかもしれないけれど、でも彼には良い男の人が見つかってほしいんです~」
僕:「それはいい子だねぇ。」
Rちゃん:「でも彼は、奥手だから、遊ばれちゃうか心配なのです~」

確かに色々な人がいるし、色々な関係があるからね。
最初は昼に開催されるオフ会に参加するのが良いかもね。
と言う事で、幾つかよさそうなイベントを紹介してあげました。
今日は良い事をした。

~ゲイ男性がLGBTな若者のために出来る、一寸したお手伝いを考える~


LGBTな合コンに参加して来ました


LGBTな合コンに参加して来ました

 

先日、とある事から、LGBTな合コンに参加して来ました。
今回は30-40代が中心で、参加者は20名程でした。
LGBT婚活の流れを説明しますと…

1.先ず、エントリーシートに記入
デートする場合はどんな風にするか、好きなタイプはどんな人等を書く欄が有りますので、なるべく盛り上がるよう、ゲイ男性が食いつくよう、工夫を凝らして内容を記載^^
細かく書きすぎるのも(相手の人が読まなくなる)、おおざっぱに書きすぎるのも(空欄が多いとやる気を疑われる)ダメ。
ほどほどに読みやすく、そしてここが重要ですが、丁寧な字で記載する必要があります

2.次に、メモ用紙を用意
相手の特徴、感触度を記載する為のメモ用紙を準備。何を記載するかは、少し時間を取って準備しておくべきです。僕は以下の事項を記載する様にしています。

  • 友人として付き合いしたいかどうか
  • パートナーとして付き合いたいかとどうか

 

折角の機会ですから、好みのタイプが居なくても手ぶらで帰るのはもったえない^^
仲良くなれそうなお友達も探すべきです^^

3.マンツーマンのトークの開始
準備が出来たらいよいよ本番です。今回は、マンツーマンで4分間おしゃべりして、時間が終了したら次の人と話すと言う形を取っていました。4分経つとコングがなって隣の席に移動する事になります。ストレートな人たちの婚活も、このような感じなのかもしれません。

4.フリートークでより親しく
その後は、気になった人とのフリートーク時間が数回あります。
メモ用紙を見て、好感度が高い人とお話をしないと^^
と、こんな感じで終了したのですが、今回痛恨の事態が。

「す ご く 相 性 が 良 さ そ う な 人 が 居 た の に 、気 後 れ し て 連 絡 先 を 聞 け な か っ た … !!」


なんたる事!!
こんな時に気後れしてどうする。
色々な人生経験から、「チャンスの神は前髪しかない」と言うコトワザ位知っていたはずなのに…!!
今まで色々な所に行って、色々な人に会ったけれど、ここまで何かを予感させる様な人はいなかったのに…!!

ばかばか、僕のばか

自分自身を反省しよう
この教訓を糧にして明日を生きよう
~ゲイ男性が恋愛で苦悩するブログ~

 


LGBTなお悩み事相談サービスを受けてみました


LGBTなお悩み事相談サービスを受けてみました

 

先日は、LGBTなお友達のSちゃんと喫茶店で打合せ
受けたのは、相談事を聞いて貰い、その対価としてギフトしたい金額をお支払いすると言うサービスになります。

何だかお手伝いして貰ってお駄賃を上げる様な気がして可愛らしい^^
僕が相談したのは、こんな事


1.LGBTな音楽でお薦めな物を紹介してほしい
2.お化粧の仕方を教えてほしい


1.に関しては、僕が良く聞く曲のセットリストをお見せした上で、お薦めを教えてもらうと言う尋ね方をしました。
僕は割と音楽が好きです。
特に好きなのが、ピッチパーフェクト(1と2の両方)と映画 GLEE
たまたまSちゃんはこの曲を知らなかったようで、それが返って嬉しかったのでした…ご紹介した曲も気に入ってくれたみたいですし^^

LGBT界では大流行なので、知らない人はお勧めですよ!

■ピッチパーフェクトの代表曲

■GLEEの代表曲 Don’t stop beliving


これを踏まえた上でSちゃんからはLGBTな曲の紹介を沢山頂きました。
youtubeでの映像はどれも素晴らしく、これからじっくり見ようと思っています。
2.にかんしては、最近お化粧に興味が出て来まして…やり方を教えてもらいました。
やはり男子ですからね、知らない事も多くてとても勉強になりました^^

小雨の中、喫茶店でゆっくり情報のシェアが出来て、おしゃべりも沢山出来て、楽しいひと時でした。
こうやってLGBTな人たちが分かりあえていく、素敵な事ですね^^


アライのお友達女子2名を、観光ゲイバーに連れて行きました


アライのお友達女子2名を、観光ゲイバーに連れて行きました

 

先日、アライな女子のお友達から依頼がありまして、ゲイバーにご案内しました。
初体験と言う事を踏まえて、チョイスしたのは観光バーになります。

ダーツが置いてあったりして、雰囲気はスポーツバー、
店員さんは実はノンケの人が多くて、お客さんも若い女の子が多目の、本当の観光バー
お連れしたのはアラサーの女子2名なのですが、これが超受けちゃいまして…。

Aちゃん:「凄い!このバー凄いじゃないですか!?こんなに楽しいバー初めてです!」
Jちゃん:「私も初めて!何もかもが楽しい!」

いやそんなに喜ばれても、店員さんはしゃべりはゲイ風だけど本当はノンケだし、そこそこ年だし、何処がそんなに?

Aちゃん:「まず店員さんが美形じゃないですか!見ていて飽きないです!それに気配りが凄くて、他の居酒屋と比べるのも失礼なくらい気配りしてくれるのが嬉しい!」

美形って…上から照らしているスポットライトとか、スポーツ風に揃えている制服の関係でそう見えるかもしれないけれど、年齢はアラフォーだし、2丁目の本当に美形の子と比べたら、普通…。
気配りって、確かに比較的面白い話をしてくれはするけれど、基本的にはオネェトーク(風)にお客さんにジャレさせているだけだし、肴は乾き物だし、お酒を作っているだけで完全に観光バー…。名前が覚えられないから紙に書いてくれと言う点からも、それほど気配りは感じないぞ?
不思議にそうにしている僕に、店員さんが説明してくれました。

「男の子に比べて女の子は、接待してくれるお店が少ないのよ~。だからこういう風にしてくれるのが嬉しいのよ~。」
「そうそう。あと恋愛相談をゲイ目線で聞いてくれるのが嬉しいのよ~。」

そんな事言ったってあんたたちノンケ…
と思ったら、早速そこかしこで恋愛相談が始まっている!
隣に居た20歳の女子大生は、今気になる男子の内、どの子を選んで初体験するべきかと言う重大な相談迄している!

いやいや、一体どうなっているんだ。
この程度でいいなら、一層の事…僕もお店を開いてみるか!?

お客さんはOLまたは彼女と来たサラリーマンが多いから、お客の回転も速いし、みんな終電には帰る。

ゲイバーの様に、暴れてお店を壊したりしないし、浮気でドロドロもしないので、観光バーの方がはるかに簡単かもしれない。

 

は、まてよ、しかし問題は、観光バーと言う形態をどうやって周りのゲイバーに認めてもらうか、だ…。
美味し所取りしていると言う印象は拭えないだろうから、嫉妬を買う事は必至
従って周りのゲイバーのママとの付き合いは神経を使う事必至

むしろ難しいのは対同業他社…。

 
一層の事、新宿二丁目は新千鳥街辺りの、いい感じに寂れたところを改装して観光バー化するのも良いかも知れない。
他のエリアとは雰囲気が違うから、多少繁盛してもお目こぼしして貰えそうだし、場所柄儲かっている感じも出にくいし。
先ずは新千鳥街の店に飲みに行って、リサーチしてみよう…。

と、最早お酒を楽しむと言うエリアからは無関係な世界に突入
柄にもなく、真剣に観光バービジネスの将来性を考察する僕なのでした。

 

~ゲイ男性が起業を考えるブログ~


 

この話、後日談がありまして…アライ女子2名から、観光バーに早く連れて行けと毎日の様に矢の催促が。

どうやら、僕も観光バーで楽しんでいる、寧ろ常連客になっているのではと誤解されてしまったようです。
ゲイ男性は観光バーに行ってもそれ程楽しめないと言う事を繰り返し説明して言るのですが、何故か分かってくれない…困ったもんだ!
恐らくですが、女子目線で楽しいので、ゲイ男性も楽しいのではと言う理解があるのでしょうね。
こんな例えが適当かどうか良く分かりませんが、カミングアウトしてもなかなか理解してもらえない…カミングアウトとは点ではなく線であるとの格言の通り…。


心理カウンセラー、心屋仁之助のBeトレセミナーに参加して来ました


心理カウンセラー、心屋仁之助のBeトレセミナーに参加して来ました

 

思う所あって、お友達のKちゃんと、心屋仁之助のBeトレセミナーに参加して来ました。
今回も有楽町のビックカメラ、よみうりホールでの開催になります。
平日の午後にもかかわらず大盛況、500人近い人が見えていましたよ!
95%が女性、平均年齢はアラフォー位。
やはりこの年齢になると、色々思い悩むことがあるのですね。
仁之助さんの教えは…一言で言えば、自然体で行きなさいと言う事
自己肯定感を持ちなさいと言う事

 

LGBTな自分でも良いじゃない
それは個性なんだから良いじゃない
人に迷惑を掛けていないんだから良いじゃない

 
そういう事を、改めて教えてくれるのです。

一番心に残ったセッションは…身の回りの好きな事と嫌いな事を書くと言う物

 

好きな事は、当然ながら、LGBTな人、アライな人などが並びますね!
嫌いな事は…身近な物が多い。本当にこれが嫌いで良いのかと、悩む物が多い

 

けれど大事な事は、そこからの影響力を断ち切る事
自律して生きる事

 

両親に対して、堂々とカミングアウトできる
それ位に自己肯定感を持てる日が来ることを
切に願う

 

先ずは、両親に対しても嫌いな事は嫌いと言えるようになろう
一歩ずつ前進しよう

 

~ゲイ男性が苦闘するブログ~


今週号のSPA!に、同性愛への嫌悪に関する調査結果が出ています


今週号のSPA!に、同性愛への非寛容度の調査結果が出ています

普段あまり見る事のない、レポート、興味深く拝見しました。

詳細への言及は避けますが、僕が驚いたのは、此方の結果

質問:個人の性的欲求の対象の決定に、影響を与えると思うものはどれですか?

回答:
遺伝…25%
家庭環境や居住地域…24%
本人の行動や選択の結果…51%

…衝撃的な数字です

更に、回帰分析により、高所得者・既婚者・年齢が上ほど寛容度が低くなると言う結果や、男性の1割ほどが学校教育や社会人への啓蒙・教育プログラムを通じて、同性愛を減らしていかなければならないと考えているという、衝撃的な結果も

まだまだ社会の偏見の根は深い
身の周りにアライの人が多いから、つい忘れちゃうけれどこれが現実なのね

僕も出来る事から闘おう
その第一歩は、自分自身の中にある、lgbtへの偏見から
lgbtな僕を、(少しだけ)恥ずかしいと思ってしまう、自分から


カラフルカフェに初参加して来ました!


先日、グッド・エイジング・エールズが運営している、カラフルカフェの初参加しました。
お友達のKちゃんに一緒に着いて頂き(保護者同伴?)行って来ましたよ〜。

楽しかった事は沢山有るけれど、記憶に残ったのは…

富士山まで見える素敵な天気だった事
海で泳いでいたゲイ男性が格好良かった事
何も考えずにのんびり出来た事

そして感じた事は、グッド・エイジング・エールズの人たちの活動が、思ったよりとても大変そうだった事

伺った話ですが、海の家に使っている柱・ウッドデッキ・置いてあるピアノまで、一つひとつ手作業で運ぶそうです。皆んな社会人だから週末に葉山迄来て…。

ゴンさんの事を、少しやっかむ声も聞きますが、この手間を考えるととても…ボランティア精神無しには出来ない事ですね。

こんな場を提供してくださったグッド・エイジング・エールズに感謝をする事しきり


早稲田大学にて講義「LGBTと家族~里親制度を中心に~」を受講しました


早稲田大学にて講義、「LGBTと家族~里親制度を中心に~」を受講しました

 

先日、早稲田大学にて講義されました、「LGBTと家族~里親制度を中心に~」を受講しました。
同大学に行くのは久しぶりです。
校舎は新しく建て替えられており、面目は一新されていました。
生徒の意見をその場で集約できるWEBシステムが導入されていたりと、今風になっていましたよ!
今回、講師を務めて下さったのは、一般社団法人レインボーフォスターケアの代表理事、藤めぐみさん
この会を主宰して下さったのは、静岡大学法人の教授であり、全国養子縁組団体協議会の代表理事でもある白井 千晶さん
早稲田大学生向けに、LGBTの現状と、LGBTが里親になる場合の可能性について理解を深めると言うのが、今回の趣旨になります。

僕が印象に残ったポイントは以下の通り
■講義内容そのものに関して

日本人の内、LGBTの割合は8.0%と言う調査結果が新しく博報堂からレポートされておりました。電通の7.6%が多いのでは、と言う批判を目にしますが、やはり左利きの人と同じくらいの水準にあるのですね!
励まされる調査結果です
博報堂の調査結果は此方

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/27983

また、民間団体「いのち リスペクト。ホワイト・リボンキャンペーン」の調査結果から、LGBTの内68%がいじめを受けた経験があり、うち、だれにも相談できなかった人が52%、自殺を考えた人は32%と言うショッキングな調査結果が、改めて報告されました。
いのちリスペクトの調査結果は此方
http://endomameta.com/schoolreport.pdf
そして講義は、日本での里親受け入れ率の低さ(15%)について言及、他の先進国が7割程度に達しているのに対して、これは極めて低い値ですね。その背景には、安心・安全を最重要視する自治体職員の志向性や、里子と言うマイノリティを避ける日本人の同一志向性(里子は1/6000)があるそうです。
その後講義は、核心の、LGBTが里親になる事に言及されました。

藤めぐみさんが、LGBTが里親になる事を世間に発信したところ、次のような反応が多かったようです。


 
「里親がLGBTな場合、子供もLGBTになるのでは」
→回答:なりません。現に殆ど全てのLGBTは異性愛者から生まれており、両親の影響を受ける物ではない

 

「子供がいじめられるかも知れない」
→回答:そのような偏見を無くす社会づくりが、周囲の大人には求められているのでは?

 

「子供の育児にマイナスの影響を与えるかもしれない」
→回答:現状の里親の属性が、里子に与えた影響を調査していますか?里子の育児環境を改善する努力をそもそも自治体はしていますか?


 
このように、根拠のない反対理由が多く、とにかく前例のない事はしたくない、両親がきちんと揃っている安心安全な家庭に預けたいと言う対応が多いそうです…。そしてその背景には、ソーシャルワーカーのLGBT対応力の低さ・児童養護施設の稼働率維持・子供達自身へのすりこみ(施設に居る事が最善と言う理解)があるそうです…。大人の一方的な都合を子供に押し付ける構図が、ここにも表れている。
この様な機会を頂けて有難うございました

 

LGBTでも子供を持つ事・持たない事を自由に選べるそんな社会になるために
僕自身が勇気を持って闘える
そのくらいに…ぼくが強くなれる日が来ることを
切に願う

 
■講義の様子について
また、講義の様子ですが、やはり学生にはまだ難しかったかな??
途中で寝ちゃう子が、講義の前半で15%くらい、終盤だともう少し増えたような
LGBTの割合を問われて、「3割くらい?」と答えてしまう男子大学生も可愛いものでした

けれど、真剣な表情でメモをとる子もチラホラ
伝わる子には、伝わっているし、今すぐにではなくても、大人になってから分かる子はもっと多くて

その時の為に、二人はこのような場を持っているのですね
LGBTフレンドリーな社会づくりの為に貢献して頂いて
感謝する事しきり

 


Ki-yoさんの新プロジェクトが始まりました


OUT IN JAPANのテーマソングを制作したKi-yoさんの新プロジェクトが始まりました。

 

4枚目のアルバムリリースを、クラウドファンディングで行うと言う内容になります。

ささやかながら、僕も協力させて頂きました。

We are one

lgbtな人達と、そうでない人達が一つになれる

そんな世の中に早くなる様に

心から祈る

 

https://motion-gallery.net/projects/ki-yo_kiyotaka_album?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=project_1208_thank_facebook_feed


Copyright © 2017 遅咲きゲイの苦悩ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑