両親へのカミングアウト

思う所有りまして…近い内に、両親へカミングアウトします。
僕がゲイである事は変わらないし、隠しても仕方がないので、もう良いかなって。

現状、パートナーが居ないのに何故カミングアウトしたいか、改めて考えて見ました。
結果、両親に、

「もう僕を自由にしてくれ」

と言いたかった事に気がつきました。
そして、自分の人生を再選択したかった事にも、気がつきました。

両親へのカミングアウトを、お互いの理解が深まる場にしたいと思っています。恐らく、人生で初めて本音を言える場になるでしょうから。

カミングアウトに際して、LGBTの説明はしますが、より理解を深めてもらう為に、両親向けに、テキストを用意しました。

今準備しているのは、以下の2点です

■レズビアン的結婚生活
著者:東小雪、増原裕子
理由:やはり、思い入れのある本ですからね

■LGBT初級講座 まずは、ゲイの友だちを作りなさい
著者:松中 権
理由:分かりやすい&ゲイ目線と言う点から

これにテキストを追加するなら、何が良いでしょうか
僕的には、等身大で伝えるためには、映画も良いのかなと思っております
が、それ以外でも

「こんなテキストを紹介したらよく分かって貰えたよ!」

と言う物があれば、教えて頂ければと思っております。
頑張ってきます^^