遅咲きゲイの苦悩ブログ

Category: 7.ニューヨークでのLGBT事情

ニューヨークLGBTマップ


ニューヨークLGBTマップ(2016年5月版)

番号の説明:

1:Dancing

2:Live Entertainment

3:Happy hour

4:Neighborhood BAR

5:Food

6:Lesbian

7:Club

8:Late-Night Cruising

マンハッタン島の北から記載します

 

■ヘルズキッチン/ミッドタウンウェスト地区

NYC LGBT MAP hell's kitchen and mid town west

NYC LGBT MAP hell’s kitchen and mid town west

■ミッドタウンイースト地区

NYC LGBT MAP mid town east

NYC LGBT MAP mid town east

■ウェストビレッジ地区

NYC LGBT MAP west village

NYC LGBT MAP west village

The CenterはLGBTの中心地なので、赤枠で記載されております^^

■イーストビレッジ地区

NYC LGBT MAP east vilage

NYC LGBT MAP east vilage

LGBTなニューヨークの旅のご参考になれば、嬉しく思います。


ゲイ男性の僕が、ニューヨークにて、ゲイで、アダプションファーザーにお会いして、思った事


ゲイ男性の僕が、ニューヨークにて、ゲイで、アダプションファーザーにお会いして、思った事

お会いしたのは、ゲイであり、お父さんでもあるMさんと、そのお子さんのLちゃん。
ダウンタウンの小さな喫茶店の前で、待ち合わせして会いました。
テイクアウト方式なので、カウンターで注文して、席を付けて、3人で着席して…。

 

お互いに自己紹介しました。
席に着いて、Mさんからお子さんのLちゃんを紹介された瞬間から…、僕は涙が止まりませんでした。
長い年月、必死で出てこない様に抑えていた感情が溢れて…言葉にする事が出来ませんでした。

 

そんな僕を見て、

「感情が溢れてしまったのですね。子供を授かり、家族として一緒に暮らし、養育する。どれも、ストレートな人なら極当たり前の事です。」

Mさんはそう仰ったのです。
そうだよね、当たり前の事だよね。

 

ゲイである事が辛くて
子供が出来ない事が当たり前で
人並みに幸せになれない事が当たり前で
そんな気持ち、すっかり忘れていたよ。


Mさんは、子供を授かるまでのお話を聞かせてくれました。
当たり前でいて、それでいて当たり前でない、色々な苦労に彩られて、そして感動的なストーリー。


同性婚法が成立した為、パートナーと婚姻出来た事
アダプションの申し込みをしてから、許諾が下りるまでは1年半以上、待つ苦しみが会った事
子供を持てる環境にない、若い妊娠中の女性から、依頼があった事
今はLちゃんはすくすく育ち、小学校に入学した事
Lちゃんの生物学上の母親と、Lちゃんは定期的にスカイプでやり取りしたり、会ったりしている事

Mさんからは、

「Lちゃんにはパパが二人、ママは今は一緒に住んでいないけれど居るんだよ」

とLちゃんに説明し、Lちゃんもパパ達は勿論、ママにも何のわだかまりも無く接している事

 

こんな感動的なストーリーを、お話ししてくれたのです。

Mさんありがとう、子供を持つ事はこんなにも大変で、それでいて素晴らしい事なのですね
Lちゃんありがとう、君の笑顔は…まるで天使
こんな気持ちになれた事が、僕の今回の旅での最大の収穫
どうも、ありがとう



LGBTな人が、子供を持つ事と、持たない事が、自由に選択できる世の中
そんな世の中に、日本も早くなります様に
心から願う

 


ニューヨークのLGBTコミュニティの中心地、THE CENTERに行きました。


ニューヨークのLGBTコミュニティの中心地、THE CENTERに行きました。

THE CENTERは、ニューヨークのダウンタウン、ウエストビレッジにあります。
この辺りは、LGBTなモニュメントが沢山ある聖地でして、かの有名なストーンウォールや、LGBTの記念碑もすぐ近くの場所にあります。

 

下記は、THE CENTERの地図が分かるURL

縮尺を変えると、THE CENTERのマンハッタン島に於ける位置づけが分かる様になっております

THE CENTERのロケーション

この辺りは一帯がLGBTフレンドリーな街区となっており、各施設は歩いて行ける程の近さです。

 

1968年、同性愛者が初めて警察の取り調べに真っ向から立ち向かい、暴動となったThe Stone wall Inn

現在でも営業しております

The Stone wall Inn

 

ゲイ・レズビアン開放記念碑

ゲイ・レズビアン解放記念碑 ゲイ・レズビアン解放記念碑

それらの歴史的記念碑を眺めつつ、ついに着きました!THE CENTER!

入り口にはレインボーフラッグが大きく掛かっております。

THE CENTER IN NYC

THE CENTER IN NYC

玄関にはしっかりと、LGBT CENTERの旨が記載されております。

THE CENTER OF LOG IN NYC
4階建ての威容を誇るTHE CENTER、年間予算は100億円だそうです。
スタッフも豊富で、イベントも毎日盛り沢山!
日本との違いを痛感します。

一日だけでこれだけのイベントが開催されています!

EVENT SCHEDULE OF THE CENTER IN NYC
ツエン・クウォン・チの作品が展示されている展示室

アートを通しての癒しが、THE CENTERのテーマの一つだったりします

ツエン・クウォン・チ
そして、その後、カウンセリングスタッフのマイケル君からお話を伺う事が出来ました。

マイケル君は、中国から来た人。
1年前からこのTHE CENTERで働いているそうです。
1年間で、6000人の方と面談をしたそうです。
主な相談内容は、ドラッグやアルコールなどの中毒症状への対処だそうです。
ニューヨークに限らずアメリカでは、ドラッグと銃が2つの大きな問題になっているそうです。
この辺りは日本との違いを感じますね!

 

此方はTHE CENTERの掲示板にて告知されていた、イベントの数々
どれも楽しそうなイベントで、機会が有れば参加したいと思いました。

THE CENTERでのイベント

 

THE CENTERでのイベント

 

そしてこちらはTHE CENTERで無料で配布されているしおり1

お洒落でセンスの良さを感じます。

LGBTのしおり
此方はLGBT図書館

センター全体では、この本棚の2000倍が蔵書されているそうです

LGBT図書館

 

こちらはエントランスのカフェ

落ち着いた雰囲気で癒してくれます

IMG_0953

 

このように非常に盛りだくさんな内容で、ニューヨークでのLGBTな事情を肌で感じる事が出来ました。

僕が訪問したのは平日のお昼だったのですが、それでもスタッフや来客が沢山いて、そこでも層の厚さを感じる事が出来ました。

遠い先の夢ですが…LGBTな人たちが気軽に集まれる場所を日本でも作りたい…そんな夢を、改めて思ったのでした。

 


Copyright © 2017 遅咲きゲイの苦悩ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑