遅咲きゲイの苦悩ブログ

Category: 5.東小雪 (page 1 of 2)

「女どうしで子どもを産むことにしました」の書評


東小雪さんと、増原裕子さんの新書、

「女どうしで子どもを産むことにしました」

を読みました
読んで改めて痛感したこと、それは、

「精子提供者には、親戚の叔父としての関わり方をしてほしい」

と言う要求の、ゲイ男性への負担の高さだ…。

 

「子育てはレズビアンカップルがするから、育児には関わらないでほしい」
「しかしながら、付かず離れずの距離感で、見守ってほしい」

この二つの条件は本質的に矛盾しているから…これに応えるゲイ男性は相当ストレスが掛かる事でしょう…。

 

聞いた話ですが、これに加えて辛い事が2点有るそうです。

 

■提供期間中(概ね7か月~1年程度)の男性に求められる制約

 

1:提供中のゲイ男性に対する、セックスの禁止

提供中のゲイ男性は、パートナーとすらセックスが出来ないそうです。理由は、性病を感染してしまう、万が一の可能性が有るから。

 

2:提供中の男性に対する、自慰行為の制限

提供中の男性は、自慰行為もままならないそうです。と言いますのは、溜める必要が有りまして…月1回の提供の為に、2週間禁欲する必要があるから。

 

これだけのストレスを与えて、手に出来るのは親戚の叔父さんと言う立場だけ。何人ものゲイ男性に提供を断られて来たのは、ある意味当然とも言える。

東さんと増原さんと提供者の3人で決めた事だから、他人がとやかく言う筋合いは有りませんが…お二人は、提供中のゲイ男性に、これだけの負荷を掛けている事は、きちんと認識するべきでしょう…。

 

個人的に更に気になるのは、提供者のコウ君とお二人の関係性の薄さ。

「年に4-5回、LGBTコミュニティで会う、考え方に通ずるものがある友人」

とありますが、その程度しか会わない人は、顔見知りという位の親しさだぞ…。

人間関係の強弱を図式化して見る

 

表1:人間関係の強さ一覧表

レベル ラベリング 人間関係の強さの程度 必要期間
1 見知らぬ人 初対面の人
2 顔見知り 数回会った事が有る人
3 気の合うお友達 数回会った事が有り、気が合う人 0.5年~
4 長くお付き合いできるお友達 お互いの素性・趣味が良く分かっており、助け合う事が出来る人 1年~
5 親友 共同して課題解決に取り組んだ経験があり、損得関係なしに付き合える人 3年~
6 親戚 血の繋がりがある人 人生と同じ長さ
7 家族 パートナー・兄弟・親・子供 人生と同じ長さ

 

この図から分かるように、コウ君とお二人の関係は、レベル2の顔見知りか、精々レベル3の気の合うお友達といった所

この程度の付き合いしかないコウ君に、お二人が課す負担は下記の通り

 

1.生物学上の父親になってもらう為に、提供に纏わる、上記に記載した制約及び提供のために月一回準備し、持参する事

2.コウ君は育児に関わる事が出来ず、子供は基本的に二人で育てる。コウ君の意思に反した育児を行っても、コウ君には発言権が与えられないと言う無力感

3.お二人が死去するなど万が一の事が起きた場合には、コウ君のライフサイクルとは無関係に、育児をしなければならないという事(または、児童養護施設に預けると言う良心の呵責を受け入れる)

 

…何だか徹底してお二人の都合が優先されているような気がする…。

本の前半には、お二人が真摯に子供を育てたい気持ちが書かれていて、そこは良かった。

しかし提供者を探し始めてトライを開始する後半に関しては、共感できません。。。


東小雪さん&増原裕子さん&勝間和代さんのトークセッションに参加して来ました


4月21日に、五反田にて開催されました、東小雪さん&増原裕子さん&勝間和代さんのトークセッションに参加して来ました。

女どうしで子供を産むことにしましたの発売に合わせての記念すべき対談となりました。

勝間和代さんは、頭の切れは当然ですが、それ以上に度胸がありますね。普通なら多少は遠慮する、lgbtへの繊細な部分へも、容赦無く切り込んで居たから。雀士としての鉄火場娘振りを遺憾なく発揮しておりました。でも、それが妙に心地良いのです。言葉の後ろに愛情があることが分かるから。

とても印象的だったのは、増原さんからのお話で…

「世間のlgbtの認知度が、ここ一年間で変わって来ている」

と言うお話。去年の今頃に、渋谷区のパートナーシップ条例を議論中で、その事もあり、テレビタックルに出演したそうです。その時に、ビートたけしが例の毒舌で、

「同性婚を認めるなら動物婚も認めたらどうか」

と、冗談交じりに失礼な事を言ったそうです。
それが、パートナーシップ条例が成立し、実際に届け出を出す人達が出て来ると、この問題を茶化すのは失礼と言う空気が出て来て、話をちゃんと聞こうと言う雰囲気に変わって来たそうです。

とても嬉しく思いました。
パートナーシップ条例の効果は、渋谷区だけでなく、全国に及んでいたのですね。
有難う!


増原さんお勧めの映画、ハッシュ!を見ました


増原裕子さんのお勧めの映画、ハッシュ!を見ました
橋口監督の2001年の作品です。
彼の最新の映画、「恋人たち」の原型のような作品。
直也と勝裕はゲイカップル
偶然の出会いから、朝子と言う女性が、勝裕がゲイであることを承知の上で、
「結婚も、お付き合いもいらない、ただ子どもが欲しい」
と打ち明ける。
戸惑うゲイカップル
しかし彼女の真剣な姿勢に、やがて心を開き始め…
色々な事を考えさせる作品です。
僕の中でのハイライトは、勝裕が子作りしようと言う事が、兄夫婦にばれて、兄夫婦とその長女が乗り込んでくるシーン

兄の奥さんは、(つまり、勝裕からすると義理の姉)…結婚もしないで子供だけ欲しいと言う朝子が許せない
兄は…限られた一生だから、やりたいことをやれと励ます
長女は…純粋に、弟のような、いとこがほしいと子作りをせがむ
悲しい事が沢山あるけれど、
それを見守る橋口監督の眼差しが優しい

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%EF%BC%81/234843/

3月5日に、神宮前で、対談も予定されているそうです。

チケット:2,000円
出演者:橋口亮輔(映画監督)
東小雪(LGBTアクティビスト)
長谷部健(渋谷区長)
別所哲也(俳優 / ショートショートフィルムフェスティバル&アジア代表)

http://www.shortshorts.org/join/detail/ja/2159


こゆひろサロンのオフ会に参加して来ました


先日、こゆひろサロンのオフ会に参加して来ました。

サロンのオフ会は、9月のイロドリ、10月の子供が欲しい人のオフ会以来、久しぶり
僕は早目に着いて、外苑前で差し入れの揚げ煎餅を買ってイロドリへ

ここに来るのも久しぶりです

  
レインボーフラッグが大きくなって、バージョンアップして居ましたよ!

東さんと増原さんが登場。

総勢15名でした

お二人からは、

・「同性婚のリアル」に纏わるサイドストーリー

・佐賀の美術館での感動的な出来事

・アール ブリュットと関わり出したきっかけ

・神楽坂らかぐで、お勧めの本を紹介するイベント

・映画、キャロルとの関わり

等、盛りだくさんの内容を流れるようにご説明して頂きました。相変わらず増原さんは頭が良いな!

その後、参加者の自己紹介、そして書籍へのサイン会と、あっという間の2時間でした。

僕はその後、参加者を誘ってカフェで二次会^^

此方も盛り上がりましたよ!

今回の一番の思い出は…実はこの二次会かも

分かり合えるって、素敵な事だよね

  
〜精子提供者のオフ会〜


同性婚のリアルを読み終えて


同性婚のリアルを読み終えて~精子提供者の読書~

増原裕子さんと東小雪さんが書かれた、「同性婚のリアル」を読み終えました。

lgbtな事をあまり知らない人向けの内容にはなりますが、僕としても読んで爽やかな気持ちになる本でした。
感想としては、以下の点が学び

  1. 「LGBT的生活」だけでは分からなかった、お二人の生活のヒダを伺い知ることが出来ました
  2. お二人の直近の状況も、知ることが出来ました
  3. 挙式したゲイカップル達の声も収録されているため、男性側からの見方も知ることが出来ました

この3点かな。
本にも書かれていた様に、LGBTな人たちがストレートな人たちと同じ様に、権利を確保する為に同性婚の法制化は必ず必要な事…いつかはそうなって欲しいものです。
また読後感として…繊細な問題に対して、非常にクールに、そして的確にコメントしている増原さんの知性が光っていました。相変わらず流石^^

IMG_0763-0


同性婚のリアルを買いました


お二人の本を少し読みました数ページ読んで、胸が一杯になって…めまいがして本を元に戻しました

やっぱり僕はお二人のファンなのねぇ…

心が元気な時に頑張って読もう

  


東小雪さんと増原裕子さんの炎上で思う事③


東小雪さんと増原裕子さんの炎上で思う事③

僕はゲイだけど子供が欲しくて、同じ事を考えているレズビアンカップルを探しているのですが、お二人の気持ちになって、なぜお二人が代理母の紹介を勧めるのか、その理由を考えてみた。

その①で書いた様に、ゲイの為の代理母出産と代理母のセミナーは、拒否感を持つ人が殆どで、共感を持つ事が出来ない。

お二人は社会運動をしていて…同性婚の合法化を最終目標に掲げておりますが、代理母のトピックスは、お二人の社会運動に、マイナスでしかない。

その②で書いた様に、恐らく日本人のゲイで代理母にお願いして子供を持ちたいと思い、且つ実現可能な経済力と意思を持つ人は、ppm(100万分の1)レベルの…100万位に5人から50人といったレベルであり、ターゲットとしては、極めて少ない。

また、彼らは経済力が有るのだから、お二人からサポートは余り必要がない。自分たちで調べれば良い事だから。むしろ、ゲイファーザーになろうだなんて、大それた目標を持つなら、それ位の苦労は自分たちでさせた方が、本人の為とも言える。

それにも関わらず…ご自身の名声を傷付けてまで、代理母出産の紹介を、しようとするのは何故か

頭の良いお二人だから、この展開は、ある程度読めていた筈です

おそらくは…アメリカで出会ったゲイファーザー達に、感動したからでしょうね。

そしてその感動を、日本人に紹介したくなったのでしょうね

こう考えれば、彼女たちの、一見非合理的に見える行動が、全て説明出来る

お二人の善意を信じる僕は、この様に考えております

けれど、その「感動」は、率直な所、とても分かりにくい。その「感動」は皆んなで分かち合う様な性質ではなく…身内だけでひっそりと噛み締める類の物じゃないかな。
そして何より、その「感動」を伝える手段として、代理母セミナーは適切ではない

例えばアメリカのゲイファーザーの書籍を紹介するとか、子供の声を紹介するとか、代理母のメッセージを届けるとか、もっと適切な方法があると思う。お二人の社会人としての経験の少なさが如実に表れていて…正直痛々しい。

もう代理母の話は充分

お二人が自分で自分を痛めつける行為も、充分

お二人が、力を取り戻して…lgbtな僕たちを、虹色に輝かせてくれる日が来てくれたら、僕はとても嬉しい
IMG_0646-4

これでこの件に関して、思う事は書き尽くした

あとはお二人を見守って…状況の好転を願うだけ
僕にも、他にやるべき事は山程ある

次のステージに移ろう…

〜遅咲きゲイ男性が苦闘するブログ〜


東小雪さんと、増原裕子さんの、一連の炎上で思う事➁


東小雪さんと、増原裕子さんの、一連の炎上で思う事➁

 

前回の続きから

東小雪さんと増原裕子さんが公開していた、6700文字の記事、
「代理母出産についてどういう想いを持っているのか」
を拝見しました。
想いや真剣さは伝わってきました

しかし…この文面通りに解釈すると…まだ代理母のトピックスを続けるのか…。

それにどれほどの社会運動としての、意味があるんだ…。

子供をアメリカで代理母による出産で持ちたいと言う人が、果たして日本に何人いるか考えてみる

■①日本人の内、子育て可能なゲイの人の占める割合
良く言われることですが、lgbtな人は7.6%.
内、多めに見て半分が男性のゲイとして3.8%
内、子育てが可能と思われる20歳~60歳の人が半分として…

1.9%が子育て可能な年齢にある、ゲイの人の占める割合

■➁日本人の内、1000-2000万円を支払える人の占める割合

代理母出産には1000万円-2000万円掛かるそうです
ローンや保険は使えないでしょうから、現金で支払う必要があります
日本人の内、キャッシュでそれだけポンと支払える世帯の割合は、6.9%になります
(5000万円以上金融資産を持っている人の割合・野村総研調べ)

http://www.nri.com/jp/news/2012/121122.html

日本の金融資産は、高齢者に偏っているため、その中で子育て可能な年齢の人の割合を調べると、36%

6.9%×36%=2.5%。これが子育て可能な年齢で5000万円以上金融資産を持っている人の割合

■①×②
日本人でゲイで、支払い可能な経済力のある人の割合は、①×➁をして…

1.9%×2.5%=0.05%

しかしながら、該当者全員が、子供を持つ意思が有るとは到底思えず…ここからは目分量になりますが、実際に持ちたいと思う人は、この中で10人に1人~100人に1人も居ないような気がします!

#理由1:僕の身近にゲイで子供を持ちたいと思っている人が殆ど居ないため

#理由2:そもそもお爺ちゃんになるまで連れ添おうと思っているパートナーが少ないため

そうすると、割合は更に減って、0.005%~0.0005%

0が多すぎて分からない…PPM(100万分の1が1単位)で再表示してみる

5~50PPM

人数に直しても

600人~6000人

ここから更に、健康上の問題を持っている人の割合分を減らすなどが必要
実感としては…あまりにも少ないエリア

ここを追うより、lgbt全体の7.6%をサポートする為に、ストレートな92.4%の人に訴えて頂いた方が、社会的に意義があるのでは…。
折角お二人が、ここまで築き上げてきた、社会的な地位ですから…その使い方は再考して欲しいな…。

アメリカで代理母出産する程の行動力と経済力がある人なら、自分で調べるでしょうから、そこにサポートする必要は少ない…少なくとも僕には有りません。
(念のためですが、僕は代理母出産は望んでおりません)

もし必要があれば、自分でJ baby社に連絡すればいいから
それよりも、もっと助けを必要な人たちに向けて、此れまで同じように活動してほしいです。

お二人の事を、尊敬する故に、強く思う

〜ゲイ男性が苦闘するブログ〜


東小雪さんと増原裕子さんの、一連の炎上の件で思う事


東小雪さんと増原裕子さんの、一連の炎上の件で思う事

僕は、代理母出産のセミナーに参加しましたし、彼女達の文章も目を通しているし、何よりゲイだけど子供が欲しくて…同じ事を考えているレズビアンカップルをさがしている。

従って、この件について発言する資格は十分すぎるほどある。

その上で思う事は…彼女達の、余りにも未熟過ぎる事だ…。

代理母の是非は、分からない。

恐らく…当事者達でさえも、結果によって良し悪しが、変わるのだろうから

ただ問題は…このテーマが、99.99%の人から、共感を呼ばない事だ…。

彼女達は、社会運動をしているのだが、今回の一連の騒動では、炎上が広がっただけで、社会に良い影響は一切与えなかった。(正確に言うと会場に来た数十人のゲイ男性以外には、良い影響はなかった)

手間と時間は凄く掛かったろうに、成果は無いのだから、失敗と言う評価になってしまうと、言わざるを得ない

しかし、そうは言っても、彼女達を批判する資格は、僕にはない

何故ならば、僕は社会運動家ではないからだ

僕にできる事は、スーパーマンは居ないと言う観点から、彼女達の成長を暖かく見守ることだけ

人は倒れても立ち上がれる

二人が力を取り戻して、またlgbtな僕たちを励ましてくれる日が来る事を祈ろう
IMG_0646-4
〜遅咲きゲイ男性が苦闘するブログ〜


ゲイ男性の為の卵子提供と代理母出産のセミナーに参加して


ゲイ男性の為の卵子提供と代理母出産のセミナーに参加して

僕にとって価値のあるセミナーだった。

僕が勉強不足で知らなかった事

僕が知ろうとしてもその手段がない事
これらを教えてくれました

同時に、ゲイ男性にとっての代理母で子供を持つ方法の、限界も、教えてくれました。
倫理的なハードル

金銭的なハードル

法的なハードル
この3つが高過ぎて、一般人の利用は遥か彼方…

夫婦別姓さえ認められない日本では、利用が一般化するまで…ストレートの夫婦と同じ様に、ゲイカップルが代理母出産を通して子供を持てるようになるのは、数世代先…若しくは永遠に先かもしれません
ほんの少しだけ、可能性を感じていた代理母による子育て

僕には合わないと言うことが明確になりました
やはり僕には、精子提供をして、女性を見守るのが合って居るのだなと思いました。
これが最大の学び

また一つ、お二人から学んだ事が増えました
一歩づつ前進しよう

http://koyuki-higashi.blog.jp/archives/50798969.html

higashi_in_office

〜精子提供者が苦闘するブログ〜


Olderposts

Copyright © 2018 遅咲きゲイの苦悩ブログ

Theme by Anders NorenUp ↑