老人ホームを訪問しました~精子提供者が考える老後の暮らし~

先日、お友達から誘われて、老人ホームに行ってみました。
老後がどうなるか、考えないとね!
訪問したのは関東のベットタウンにある老人ホーム
フロア数は3、部屋数は60
後期高齢者で認知症が出ている人も3割位はいらっしゃいました
感じた事は…
一つには、やはり高齢者の方達には、それぞれの人生があったと言う事
それは恐らく文字に出来ない程の色々な事が有ったのでしょう
次に感じた事は…
当たり前だけれど、人は必ずいつかは死にます
だから、悔いのないように生きなきゃって、改めて思いました。
僕も強く生きないと
少し面白かったのは、やはり後期高齢者と言えども、性差による行動の違いはあると言う事
お祖母ちゃんの方が、元気でコミュニケーションをとれる人が多かったです
お祖父ちゃんは、一人でぼーっとしていたり、黙り込んでいる人が多くて…何だか切なくなりました。
一番目立っていたのは、べらんめい調で周りの人を叱りつけていたお祖母ちゃん
若かりし頃は江戸っ子だったのでしょうね^^

kouyo

~精子提供者が苦闘するブログ~