家族へのカミングアウト③〜精子提供者の闘い〜

カミングアウトの理解が得られなかった時の対策として、同年代の協力者を、頭の中でサーチして見る。

フレンドリーな事は当然として、忘れてはいけないのは、物理的な距離が近くて、時間に融通が利きそうな環境にある人を選ぶ事

幾ら協力的な人でも、いざという時に、忙しい方だと、此方も応援が頼み辛い

そんな条件で、同級生の女の子を思い浮かべて見る

…一人いた

彼女にも、絶対に協力して貰おう

第一歩として、ランチのアポイントメントを取り付けよう

  
〜精子提供者が苦闘するブログ〜