LGBTな女子学生の就職活動の楽しみとは

たまたまのきっかけからお友達になって、遊びに行く機会がある、女子学生のRちゃんとお食事しました
お互いに近況交換をしたのですが…その中から差し支えない範囲をブログにします
#本人の許可は貰っていますよ!

Rちゃんは今就職活動中なのですが、行く企業先々で目移りがして困るそうです。

具体的には…

Rちゃん:「どこの会社に行っても、学生を取りたいから、丁寧に対応してくれるじゃないですか」
僕:「うんうん」
Rちゃん:「だから皆優しくて…学生担当の女の人がタイプで困っちゃうんです~」
僕:「ほほう」
Rちゃん:「この前は、会社は今ひとつだったのですが、担当がタイプだったのでエントリーしちゃったんです!」

確かに学生向けの企業担当者は美男美女で感じがいい人が多いな。
と言うか当社もきれい系な女性を担当に充てているしね。
LGBTな人にも、その効果が波及しているのだから、寧ろ正解とも言える

それにしても相変わらずRちゃんは可愛らしいな
この黒髪・整った顔立ちに・向日葵のような笑顔があれば、さぞかしレズビアンな人からはモテる事でしょう

Rちゃん:「あと最近…私のカミングアウトがきっかけに、同じ研究室の男の子が『実は僕はゲイかもしれない』てカミングアウトしてくれて」
僕:「ほほう」
Rちゃん:「だから急に仲良くなって…よく一緒に遊んでいるんです~。この前は出会いアプリ用に、彼の写真撮影をしてあげたんです~」
僕:「なるほど」
Rちゃん:「横から見れば、ラブラブで…彼氏大好きに見えたかもしれないけれど、でも彼には良い男の人が見つかってほしいんです~」
僕:「それはいい子だねぇ。」
Rちゃん:「でも彼は、奥手だから、遊ばれちゃうか心配なのです~」

確かに色々な人がいるし、色々な関係があるからね。
最初は昼に開催されるオフ会に参加するのが良いかもね。
と言う事で、幾つかよさそうなイベントを紹介してあげました。
今日は良い事をした。

~ゲイ男性がLGBTな若者のために出来る、一寸したお手伝いを考える~