先日はゲイの交流会に参加して来ました。
タイトルは…どこからが浮気なのか

それぞれが画用紙に書いて発表すると言う内容になっています

最初は軽い気持ちで書いたのですが、良く考えると深いテーマかも知れない…

と言うわけで、ポイントを絞って交流会の様子をレポート^^

 

18歳可愛い系少年:「やっぱり…キスされたら浮気だなーって思っちゃいます!手を繋ぐ位なら良いけど…」

 

なんて可愛らしい発言なんだ!

瞳が澄み切っていて、発言も純真で…君に良い出会いがある事を祈っているよ!

 

35歳ガテン系男子:「浮気は…必ずあります。この世界はそういう物です…。だから、此方が気が付かない様にしてくれれば良い、夢を見させ続けてくれればいい…今はそう思っています。」

 

なんてリアルな発言なんだ!

幾多ものゲイの性の奔放さをくぐり抜けて、この結論に至ったのね…闇の深さを感じるよ

 

43歳乙女系男子:「私は…浮気の定義が自分と相方で違います。どうしても…自分には甘くて、彼氏にはキツ目にみちゃうから…。二人切りで(ハク、と読みます)をするのは、私的には何もなければオッケーだけど、彼氏にはしてほしくなくて…」

 

気持ちは分かるけれど、終電が無くなったとか、物理的に仕方ない事もあるのでは

 

43歳乙女系男子:「そういう場合は…問い詰めちゃいます。それで応える内容によっては許します。納得できない時には…何が起きるか、分かって居ますよね?」

 

拳を握りしめる乙女系男子

両手にはリストバンドがされていて、これが2キロずつあります

 

僕:「リストバンドを外すと真の力が発揮されるとか?ドラゴンボールみたいに」

乙女系男子:「付けたままの方が、体重が乗って良いパンチが出せます」

 

体は鍛えてあって…重たいパンチを繰り出しそうな予感

暴力が得意そうなキャラだな

心は乙女でも体は男子だから、怒らせるととても怖い

 

こんな感じで第一部が終了

次のお題は…

「浮気をした、またはされた、その後にどうするか」

です。

これはもっと怖い

レポートはまた別の投稿で^^

~精子提供者が呻くブログ~

hannkagai