先日お友達になった23歳の女子、Rちゃん

初対面でしたが何故か意気投合して、遊びに行く事になりました。

 

あまりビアンバーには行ったことが無い子なのですが、話の流れで僕が案内をする事に。

 

先ずはカフェで待ち合わせ
一週間振りに会う彼女は少し緊張気味…

場を和ませる為に、先日彼女が参加すると言っていた、合コンの話を振ってみました。

 

「それが…凄く楽しかったです〜」

 

大輪の向日葵の様に微笑む彼女。

何て良い子なんだ!

その笑顔が、何時も僕を励ましてくれるよ。

 

「全員で交互に手を握って、目隠ししてからもう一度握って、名前を当てるクイズ大会をしたんです〜。それが的中率高いんです〜」

 

そうか、やっぱりみんな凄いな^^

自慢じゃないが…僕は当てる自信が全くないぞ

 

「あと…10秒間、膝上タイムも良かったのです~」

 

髪はツヤツヤ、瞳はパッチリ

なんて可愛らしいんだ!

その若さを見守りたいものです

 

二丁目で食事して、その後ビアンバーを訪問

 

最初は、

「この二人はどういう関係…?」

と若干戸惑われましたが、lgbtなお友達ですとお話したら、直ぐに打ち解けて盛り上がりました。

お店での感想は…ビアンバーを少し、経験させてあげる事が出来て、とても喜ばれました。

こんな僕でもLな若者に、何かを教える事が出来て…嬉しい気持ちになった夜なのでした。

 

同じlgbt同士、一歩ずつ歩いて行きましょうね。

それにしても、キラキラ女子連れだと、みんなの対応が格段に良かった気がする…

目分量ですが、5割り増しは違う様な…

気のせいだよね

多分気のせい

 

〜精子提供者が苦闘するブログ〜

2874535e842027e45_l